アメリカ帝國主義社会の本性またも暴露される

 東京の多摩地域で、息子の強盗を見た親が日本帝國主義体制警視庁当局に通報するという異様な光景が繰り広げられました。結果、息子は逮捕されたのですが容疑を否認しているとのことです。そして、被害者を負傷させていることから容疑が強盗致傷ということになり、この罪状で起訴されれば人民拉致裁判(裁判員裁判)対象事案になります。ここで考えたいのは、仮にこの親の立場になった場合、社会正義の目的であれば通報するのは筋なのですが、一方で人民拉致裁判制度の存在そのものが国家犯罪級極悪推進手法が取られた経緯を持っていることです。身内を人民拉致裁判体制の国家権力に売り飛ばすなどというのは反人権の極みであるという批判も免れ得ない構造もあります。やはり、私の個人的立場とすれば、人民拉致裁判がある限りは日本帝國主義国家権力に息子を売り飛ばすなどということはできないという姿勢で臨むとしか言えません。

 さて、アメリカ合衆国帝國主義社会にて極右反動・人種差別団体が集会を開き、それに抗議する勢力との間で大衝突が起きて抗議勢力側に死者まで出るという異常事態になりました。これに対してアメリカ帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒は暴力に対する批判こそしたものの、人種差別・極右反動思想に対する批判に触れなかったことでトランプ逆徒に対する社会的批判も浴びる始末です。この種の極右反動・人種差別思想勢力が蔓延する事態を招くのも、同等の思想を持つトランプ逆徒がトップに立ったことでこの種の集会に対する心理的ハードルが低くなったからに他なりません。となれば、今回の事態が収拾したところで次の事案が出るのはまず間違いないでしょう。
 一方、トランプ逆徒は最近一連のグアム騒動に関して、知事に対して「金をかけずに世界中に宣伝されたのだから10倍の観光客が来る」などとの妄言を吐いて大顰蹙を買っています。当然グアムとすれば何事も起きてほしくないという思いでいっぱいのところ、塩を塗るような発言だと感じて反発するに決まっていますし、それより何より、現在の大騒動を考えるとこのような世界的認知報道により従来来ていた観光客も避けるようになるという知見をトランプ逆徒は持たないものでしょうか?日本でも大地震が起きたところには直後は観光客は近寄らないのと同じです。このようなレベルの知見で国内を動かそうとする国家トップを世界各地の指導者は嘲笑と不信の目で見るでしょう。もちろん、最もアメリカ帝國主義体制の姿勢に不信感を持つのが朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の最高指導者であることは論を待たないところです。
 問題は日本帝國主義体制で、最初に述べた極右反動・人種差別団体が平気で集会を開いたりデモ行進をしたりといった扇動が見られます。むしろ、日本帝國主義社会ではこの種の極右・人種主義団体に「抗議する」活動に対する心理的ハードルの高さがあります。だからこそ、この種の極右・人種主義団体にとっても抗議される怖さがないためにますます増長してきた経緯もあったわけで、そんな思想を最も具現化するような人物が日本帝國主義体制トップに立ってしまっています。こんな日本帝國主義体制がトランプ逆徒のアメリカ帝國主義体制と波長が合うのも至極自然であり、朝鮮共和国に対する政権転覆扇動に積極的に前のめりになってしまう事態にもつながります。日本帝國主義社会での極右反動・人種主義的扇動跋扈に対する西側帝國主義社会からの根強い批判があったのに、実は西側帝國主義社会こそが極右反動・人種主義思想の本性を持っていたことが暴露されているのが現在の世界情勢でもあるのです。
 当然のことながら朝鮮共和国は今回の異常事態に対する嘲笑の目で見るでしょうし、同時に対朝鮮共和国人権非難扇動の不当性について徹底利用するでしょう。アメリカ帝國主義体制の対朝鮮共和国非難扇動の論拠そのものの薄弱性にもつながるのは言うまでもありません。今回の事態はトランプ逆徒政権の本性を図らずも世界全体に見せつけてしまったアメリカ帝國主義体制のオウンゴールですが、この種の本性を元々持っていたのが日本帝國主義社会であることも見過ごせません。日本社会とすれば、こんな本性を持つアメリカ帝國主義体制から徐々に離脱していかねば自国の安全保障に致命的事態を招くとの警戒心を持たねばなりません。

 2017年8月15日の72回目の祖国解放記念日に向けて、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号FNJ37SFC(日本語版)、FNJ37SFC(조선어 버전)で8月15日までです。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中