朝鮮労働党創建72周年を心から祝福する声明

 偉大な朝鮮労働党万歳!!
 위대한 조선로동당 만세!!

 2017年10月10日、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、原則として朝鮮共和国と表記)の朝鮮労働党が創建72周年を迎えた。朝鮮民主主義人民共和国は敬愛する金日成国家主席、金正日朝鮮労働党総書記、そして金正恩朝鮮労働党委員長のご指導の下で建国から69年の月日の流れの中、着々と世界的地位を固めることに成功した。今や世界最悪の人権弾圧戦争侵略体制であるアメリカ合衆国帝國主義体制と肩を並べるだけの科学技術力を持つに至ったのも、朝鮮共和国の路線が正しかったことの証明でもある。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して朝鮮労働党創建72周年を大きく祝福するとともに、恒久の世界平和を祈願すべく以下の声明を発表する。

 朝鮮労働党の創建72周年に世界が羨望と祝福のまなざしを向ける中、一方で2017年10月6日のICAN(=核兵器廃絶国際キャンペーン)へのノーベル平和賞授与決定という八百長茶番劇はまたしてもこの賞の権威を堕落させたとの世界的嘲笑の的になりました。実際、帝國主義国際連合の軍縮委員会でも朝鮮共和国は核兵器禁止条約の理念そのものには賛成する一方で、世界最悪の核兵器保有国で世界で唯一対民間人核兵器使用大量虐殺を働いた世界唯一の核犯罪国家アメリカ合衆国帝國主義体制の核廃絶が実現しない限り現実的核兵器廃絶はあり得ないという理由で条約には参加しないと明言しています。そして、アメリカ帝國主義体制が世界各地で働いている戦争扇動から自国の尊厳高い体制を護るためには相応の科学技術力がなければならないとの立場を徹底し、科学技術系のノーベル賞に匹敵する技術革新に成功しています。これが今年相次いだロケット技術の飛躍的進化と、史上最強の豊渓里地下爆破実験成功です。
 事もあろうか今年のノーベル平和賞授与決定に際して、ノルウェーのノーベル賞委員会は朝鮮共和国を名指しして非難するという世界の善良な人民に対する超のつく特大型挑発扇動を働いた一方で、世界唯一の対民間人核兵器使用大虐殺強行核犯罪国家・世界最悪の核兵器保有国家であるアメリカ帝國主義体制に対して非難する言葉は一切発していません。そういえば、昨年10月の核兵器禁止条約締結交渉開始決議案の帝國主義国連軍縮委員会での採決に際して、世界唯一の被爆国だと世界に喧伝してきたはずの日本帝國主義体制が反対票を投じた一方、朝鮮共和国は「アメリカ帝國主義体制の核兵器を違法にするのであれば」という正当な理由で賛成票を投じました。アメリカ帝國主義体制は未だに核兵器禁止条約に反対しているし、日本帝國主義体制は無条件でアメリカ帝國主義体制の核兵器戦略に加担している実態もあります。朝鮮半島の北側には帝國主義国連安全保障理事会常任理事国の中華人民共和国やロシア連邦もあり、このような厳しい地政学的条件の下で自国の尊厳と社会の安定を護り抜くためには、朝鮮労働党がこの72年間科学技術力強化路線を一貫して歩むべく指導することが必要だったのも当然のことでした。
 朝鮮共和国の科学技術力強化の現実を不都合で見て見ぬふりをしたいアメリカ帝國主義体制や日本帝國主義体制は、未だに朝鮮共和国の尊厳高い朝鮮労働党体制を転覆させようと躍起になっています。その結果が朝鮮労働党による科学技術力徹底強化路線でもあり、今年は朝鮮労働党の科学技術徹底強化貫徹路線の成果が以前にもまして著しく表れた一年になりました。まもなくアメリカ帝國主義体制本拠地を射程に入れる核武力完成という地点まで到達した科学技術力は世界に誇れるレベルなのは当然です。アメリカ帝國主義社会や日本帝國主義社会なども、朝鮮共和国の正当な主張と飛躍した科学技術力を認めて、朝鮮共和国の尊厳高い体制に対して敬意を表する方針に転換すべき時代です。そのような朝鮮労働党路線について、日本帝國主義社会やアメリカ帝國主義社会が認めたくないという一心のあまり不当な制裁・圧力扇動に走れば走るほど、日本帝國主義社会やアメリカ帝國主義社会の本質的反人道性がますます世界から糾弾の矢面に立たされることは間違いなく、日米など西側帝國主義社会内部からますます朝鮮労働党への敬意が表されることとなるでしょう。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、2017年10月10日の朝鮮労働党創建72周年を心から祝福すべく声明を送り、世界の心ある人民及び国家に向けては朝鮮共和国との連携を促します。真の意味での世界唯一の被爆国である朝鮮共和国を名指しして非難するという無分別極まりないノーベル賞委員会の判断と、いかなる世界的糾弾扇動にも負けず自らの路線を貫徹する不退転の意志を持つ朝鮮労働党とを比較すれば、世界の分別ある人民がどちらを支持するかは自ずから明らかとなるでしょう。我々も外部勢力の圧力に負けず邁進する朝鮮労働党の断固たる姿勢に敬意を表するべき時代です。日本帝國主義体制犯罪的侵略支配層総翼賛・不正乱発推進の経緯を持つ人民拉致裁判制度(=裁判員制度)廃止実現活動にも朝鮮労働党の断固たる貫徹意志を見習うことが必要でもあるのです。

 2017年10月10日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、10月の朝鮮労働党創建日を記念すべく今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号65UBY4XA(日本語版)、H68S7QU6(조선어 버전)で2017年10月15日までです。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中