支配層の身勝手な論理を当然のように排撃する

 世界最悪の人権のツンドラであるアメリカ合衆国帝國主義社会にて、乗用車突入多数死者発生の異常事態が起きました。場所は2001年9月11日にアメリカ帝國主義体制が無残な敗戦を迎えた象徴の場所であるニューヨーク・マンハッタンで、実行犯として逮捕された容疑者は「神は偉大なり」という発言もしているそうです。これを受けてアメリカ帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒がイスラム教徒強硬派の入国禁止をまたもや訴えるという人種差別扇動に悪用したのですが、こんな扇動を働いたところでアメリカ帝國主義社会内の差別思想と銃器攻撃の根本がなくならない限りは社会でのこの種の事件がなくなるはずもないとしたものです。ドナルド・トランプ逆徒的思想がまさしくテロの温床になっているという以外にないのですが、一方でそんなトランプ逆徒と同等の思想で先月の八百長茶番劇で圧勝して本日日本帝國トップに八百長選出された安倍晋三逆徒も、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)問題を扇動に悪用しました。今月末には対朝鮮共和国不当人権問題非難決議というとんでもない八百長茶番劇も繰り広げられそうですが、西側帝國主義体制には朝鮮共和国人権問題非難の資格なしということを日本国内の日本人から訴えていかねばなりません。

 さて、昨日ですが、日本帝國主義体制経済団体連合会の事実上機関紙・日本経済新聞が人民抹殺ボタン(共通番号、マイナンバー)システムに関するコラムを掲載しています。人民抹殺ボタンカードの取得率が思わしくないといった扇動をもってカード取得率を上げるにはどうすればよいかなどという内容なのですが、この扇動が人民拉致裁判制度(裁判員制度)宣伝扇動と同じ構造に見えたのは私だけでしょうか?人民拉致裁判制度に関しても加担率が一向に上がらないどころか年々ますます下がっています。あの手この手で協力率を上げようとしてこの種の報道をしたところで効果が一向に上がらない根本的原因に目をつぶっても対策になるはずもないのです。
 このコラムでは、カードを取得した際に金銭的なメリットをつける対策が色々例として示されています。とはいえ、カードを使えば手続が楽になるといったレベルのメリット、それにある程度の金銭的メリットが付加されて、だからといってカードを持つことになかなか前向きになれないだけのデメリットやリスクが根本的にあるとすれば、人民レベルのカード取得率が上がるはずもありません。人民拉致裁判制度の場合はそもそも加担することに対する個人的メリットが何もないだけでなくその後の人生における致命的リスクが大きすぎるという共通認識が浸透している以上、いかに扇動しようが加担率が上がるはずもない構造は元々ありました。それと比べれば人民抹殺ボタンカードの場合は個人的メリットもそれなりにあるにも関わらず、比較した際のリスクやデメリットが大きすぎるという人民レベルでの認識が徐々に浸透していることが大きな要因でしょう。
 実際、この種のシステムを採用している地域ではなりすましの不正利用や情報流出といった事態が多発しています。カード取得によりわずかながらの金銭的メリットや手続簡略化といった利益を享受したところで、個人情報流出というリスクと比べたらそのようなわずかなメリットを「敢えて」享受しようなどと考える方が物好きの発想です。また、カードを取得するということはカード紛失というリスクとも隣り合わせになるわけで、自ら管理するだけのコストに見合わないと考える人民にとっては不要の長物です。にも拘わらず、上記の日本経済新聞のみならず、日本帝國主義体制メディア全体が人民抹殺ボタンカード推進扇動に手を染めているのは、日本帝國主義体制全体の国策として推進されているからに他なりません。人民レベルの嫌悪感が根強い人民拉致裁判制度も、人民の意思に敵対するような手法で推進された経緯を考えると、この種の対人民敵対思想の扇動政策が持つ目的が人民統制にあるのは明らかというものです。
 要は、日本帝國主義犯罪的支配層による日本帝國犯罪的支配層の身勝手な論理で推進された政策である以上、その論理を排撃する人民の意思が変わらない限り、このような反人民的政策が成功するはずもないというものです。問題は、日本帝國犯罪的支配層の論理を自己弁護する目的でますます悪質政策擁護目的の反人権的政策の上塗りをする体質が日本帝國犯罪的支配層に根深く残っていることです。昭和戦争時の日本帝國支配層の論理からまるで変わっていない体質がこれらの反人民的政策に現れているのも明らかです。悪質政策の上塗りをやめさせるべき世論喚起にも応じない日本帝國犯罪的支配層に対する効果的対策となれば、相応の手段を日本国内から講じる以外にないというものです。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中