西側社会内部から「西側帝國主義的価値観を護れ」扇動と徹底対決しよう

 司法試験受験資格としての予備試験の合格者が過去最多の444人に上ったとのことです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)と同時期に成り物入りで喧伝された法科大学院と称する司法試験受験失敗者乱造システムが大失敗に終わり、一方でカネも時間も節約でき、かつ法曹人としての能力の高さを証明できる(司法試験受験失敗者乱造システム経由では22%くらいしか合格できないのに、予備試験経由だと合格率3倍以上)とあっては、誰もが予備試験経由で司法試験を受験しようと考えるはずです。司法試験受験失敗者乱造システムで合格率の低い施設はとりわけ地方に多く、地方にはどうしても優秀な教育人材が不足しがちな側面もあり、まして日本帝國主義新自由主義扇動勢力がますます中央集権的政策を進めていては、地方のこのシステムを維持できるはずもありません。そもそもの政策思想の根幹からして失敗だったことを認めた上で論じない限りはこのシステムに巻き込まれた民衆の悲劇がますます深刻化することでしょう。

 さて、アメリカ合衆国帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒が東アジア諸国を侵略して世界の憤怒と嘲笑を買っていることは連日証明されていますが、とりわけ南朝鮮傀儡(大韓民国)体制地域で発した特大型挑発妄言が世界の冷笑を買っています。ありとあらゆる罵詈雑言を並べたてての対朝鮮民主主義人民共和国戦争挑発妄言ですが、こんな妄言が空疎だったことは、中華人民共和国でのドナルド・トランプ逆徒の態度にもよく表れています。「中国が北朝鮮を放置した場合日本が核武装するぞ」などとの脅しもかけているのですが、中国はそんな態度に対しては「統一朝鮮及びロシア連邦と連携して日本に圧力をかける」と反論すればよいだけです(この件は詳しく後日述べたいですが)。トランプ逆徒の米帝侵略軍の方が手詰まりになるだけの流れが既に出来上がっているとしか言いようがありません。
 ドナルド・トランプ逆徒は正規の入国ルートではなく日本帝國主義体制や南朝鮮傀儡体制の主権を侵害する形で横田基地や平沢基地から侵入してきました。即ち、日本帝國主義体制や南朝鮮傀儡体制、さらには日本や朝鮮半島南部人民の意志に関係なく朝鮮共和国に対する単独先制的戦争扇動も辞さないとの挑発発言をした意味を持ちます。この際、絶対的対アメリカ帝國服従体質を官民ともに根深く抱えている日本帝國主義社会は論じる必要はない一方で、朝鮮半島南部はとりわけソウルで100万人規模の犠牲者が出る可能性が高いことや、現在の文在寅大統領政権が対朝鮮共和国融和姿勢を強く持つことからしても、朝鮮半島南部の官民に敵対してまでも対朝鮮共和国単独軍事行動を起こす前提として、朝鮮半島南部の民心を対アメリカ帝國支持に加担させる目的でドナルド・トランプ逆徒がソウルでの特大型挑発発言を働いたとの見方があります。文在寅大統領政権をアメリカ帝國主義体制が信用していない以上は民心から文在寅大統領の姿勢を転向させる悪質な謀略思想がこんな扇動の背景にあると考えられます。
 しかし、何しろこんな特大挑発発言を働いたのが世界最悪級人種差別主義者のドナルド・トランプ逆徒です。こんな悪質扇動に朝鮮半島南部の人民の民心が乗るはずもないですし、仮に単独でも対朝鮮共和国軍事行動を強行でもしようものならば実力を行使してでも米帝侵略軍基地に対する妨害活動が繰り広げられるでしょう。これは、ドナルド・トランプ逆徒の侵略思想と同等の日本帝國主義体制トップ安倍晋三逆徒とは全く逆の指向性ですし、このような状況下でアメリカ帝國侵略軍が働く対朝鮮共和国単独軍事行動に日本帝國主義体制ぐるみで加担すれば、日米帝國主義侵略勢力に対する手痛い全世界的反撃を食らうに決まっています。ドナルド・トランプ逆徒は中国の習近平国家主席に対しても場合にとって単独でも軍事行動を辞さない旨を伝えていることは十分考えられますが、当然中国は徹底抗戦するに決まっています。それもこれも、世界に対する信用度が極めて低いからこそ起きる事態に他ならないわけです。
 トランプ逆徒が朝鮮半島南部人民に対して対米帝侵略勢力への加担を呼びかける論拠として悪用されるのは、法の支配だとか民主主義といった西側帝國主義勢力の価値観です。しかし、そんな西側帝國主義的価値観がまさしく全世界的に崩壊しようとしているのが現在の世界情勢です。そういえば、人民拉致裁判制度(裁判員制度)も西側帝國主義勢力的価値観を日本の善良な人民に対して強制的に加担させる悪辣な目的で強行されたのですが、日本の人民の大半が背を向けています。そんな実態があるからこそ、人民がストレス障害を発症しようがこの政策の絶対維持を目的にした悪質扇動が続いているのです。仮にでもこの政策の存在が原因となるさらなる重大な事態が起きた場合に、日本帝國主義侵略勢力は命を捨ててでもこの政策を護り切れという扇動をさらに強化してくるでしょう。日本で1960年の日米帝國安全保障条約反対運動を潰した「民主主義を護れ」扇動の再来が全世界で展開されようとしているのです。こんな扇動に対する徹底抗戦が全世界規模で今こそ求められる時代はありません。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、ドナルド・トランプ逆徒のアジア侵略行為を糾弾すべく、今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号CZKAX7Z5(日本語版)、MSLCU8EZ(조선어 버전)で2017年11月15日までです。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中