日本帝國悪徳支配層へのボイコットが最大の社会的対策

 日本帝國主義体制公安捜査当局のファッショ暴圧旋風が各地で吹き荒れています。本日は宗教団体アレフに対して、北海道において団体名を隠して勧誘したという容疑をでっち上げての暴力的捜査が北海道のみならず福岡県でも行われる異常事態になっています。この種の日本帝國公安捜査当局によるでっち上げ家宅捜索というのは、微罪だろうがでっち上げだろうが捜査できる容疑を掲げた上で、組織そのものの不当監視を目的にしたものであることは言うまでもありません。アレフだけでなく、工藤會他の「筋」関係組織、革命的共産主義者同盟全国委員会などの左派勢力、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)など、日本帝國捜査当局には存在そのものが不都合だという身勝手な理由で事あるごとにでっち上げ捜査を働く体質があり、そんな体質だからこそ、正当な選挙活動をしている日本帝國正統野党政党にまで異常な監視に踏み込んだりするのです。異常なファッショ暴圧を働く日本帝國公安当局こそが、善良な人民の監視を受けるべき反人民組織であることは言うまでもありません。

 さて、先週10日ですが、日本帝國主義体制文部科学省審議会が岡山理科大学(加計学園)獣医学部の愛媛県今治市への開設を認める答申を出して世間の憤怒と嘲笑を買っています。そして、明日14日にも大学開設認可が日本帝國文部科学大臣の名で出される見通しになっています。当然のことながら、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒との関係の深さを悪用した疑惑もさることながら、この学園の活動そのものに政治目的も疑われている実態さえあります。このような社会構造に対して有効な対策を打てない日本帝國主義社会そのものが全世界的に問いただされるというべき状況です。
 但し、ここまで社会的に問題になったいわくつきの大学である以上、日本帝國主義社会全体がこの大学に対する悪いイメージを持つのは間違いありません。表向きは四国地区に獣医学部がないという理由を持ち出しながら、実態としては安倍晋三逆徒に近い人物を優遇する悪質目的であるとの社会的評価がされるのは致し方ありません。これは、日本帝國自民党支持層からも個別優遇をする不公平政治についての批判が根強く、こんな政治手法を支持する大義などどこにもありません。ですから、安倍晋三逆徒支持層が現在働いているのは、この政治手法云々を考えるのならば現在の厳しい国際情勢を考えろという論理のすり替え扇動に走って支持を求める姿勢になるのです。
 要は、日本社会全体がこの大学を利用しないという姿勢を貫けば、こんな政治手法に対する社会的制裁をかけることができる意味を持ちます。今治市を初めとした地方の衰退が最近取りざたされていて、特に若い世代をいかに呼び込めるかに各地方とも苦労している現実はあります。とはいえ、こんな異常な手法にまで手を染めるような学園を政権与党の力を借りてまで誘致したところで、人民の支持を得られるのかといった常識的な判断をできなかったものでしょうか?大学開設にまでこぎつけたは良いが、結局学生が集まらなくて経営が成り立たなくなれば、大学誘致をしなかった方がマシだったなどという結果を招いても不思議ではありません。
 異常な手法を取って押し通すような商品や政策には背を向けるという態度こそ、実は悪政への大きな社会的対策という意味を持つのです。つい最近日本帝國大手企業による偽装不祥事が相次いで大きく取り上げられましたし、以前にもこの手の不祥事が多く起きていたのですが、この種の不祥事を起こした企業に対する日本人民による良識あるボイコット姿勢がこの種の悪徳企業への警鐘になるのです。悪質政策にしても然りで、明日2018年版裁判所拉致予告状なる環境に悪いゴミが全国に向けて大量に散布される人民拉致裁判制度(裁判員制度)も、カード所持扇動が日本帝國主義体制挙げて働かれている人民抹殺ボタン(マイナンバー、共通番号)システムも、人民レベルでの拒絶反応で政策は頓挫しようとしています。もっとも、この種の「政策」には強制的加担扇動も働かれる実態もあるのですが、そんな強権的扇動にも徹底抗戦することが、ますます日本帝國支配層の悪徳性を露出することになるのです。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、ドナルド・トランプ逆徒のアジア侵略行為を糾弾すべく、今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号CZKAX7Z5(日本語版)、MSLCU8EZ(조선어 버전)で2017年11月15日までです。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中