沖縄ヘイト扇動番組は日本帝國メディア全体の悪弊だ

 本日は体調不良により簡単にエントリーしますが、今年1月に働かれた沖縄ヘイト扇動番組について重大な放送倫理違反があったとの意見が公表されました。しかし、この扇動番組について番組制作者側は間違った放送ではなく、こんな中傷には屈しないとの傲慢極まりない態度をとっています。このような事態は起きるべくして起きているという他ないのは、いざとなれば日本帝國主義体制支配層総翼賛で国家の不正行為を知りながらむしろ国家体制側に加担するような論理で人民拉致裁判制度(裁判員制度)を推進してきた日本帝國主義メディアあってこそのことです。自ら傲慢極まりない反人民的報道を平気でできる日本帝國主義メディアの根深い悪弊体質あって、このような報道が起きることを指摘しなければなりません。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、12月17日の金正日総書記追悼の日に向けて今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号QNP2QR9N(日本語版)、AKGQ6ZZR(조선어 버전)で2017年12月17日(追悼当日)までです。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中