帝國主義国連扇動報告者のでっち上げ人権非難行脚を心から冷笑する声明

 2017年12月14日、帝國主義国際連合の対朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)不当名指し人権問題でっち上げ扇動報告者のトマス・オヘア・キンタナ逆徒が日本帝國主義体制地域を侵略した上で、本12月16日に「拉致事件」云々関係者とのでっち上げ面会を働いた上で、とんでもない対朝鮮共和国人権非難扇動に手を染めた。これに先立ち、キンタナ逆徒は11日からは南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)地域も侵略し、悪質越南逃走(=西側帝國主義勢力が勝手に「脱北」と称する行為、以下、越南逃走と表記)者とのでっち上げ面会も働いた。折しも、日本帝國主義社会では本12月16日が朝鮮共和国の人権問題啓発を記念する日だとして「拉致問題」云々の扇動を最も強く働く悪質な政治目的を露呈する日でもある。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して2017年12月11日から16日にかけて働かれた、対朝鮮共和国名指し人権問題不当非難目的の南朝鮮傀儡・日本帝國主義地域侵略扇動を心から冷笑するとともに、世界の心ある人民に向けては真の意味での人権云々がどこにあるかを正しく見定めるよう世論喚起を促すべく声明を発表する。

 2017年12月11~16日にかけて働かれたトマス・オヘア・キンタナ逆徒の南朝鮮傀儡・日本帝國主義体制両地域侵略行為は今や日常茶飯事的に行われるようになった対朝鮮共和国不当名指し人権非難扇動の一環として行われているもので、日本帝國主義体制や南朝鮮傀儡体制等西側帝國主義侵略勢力にとって都合の悪い体制を転覆させるのが最大の目的になった極悪政治目的なのは今や世界的にも明らかになってきた。朝鮮共和国はこんな扇動をアメリカ合衆国帝國主義体制が中心になって扇動している不純政治目的に基づくもので一顧だにする価値がないとして以前から一蹴してきた経緯があるが、まさにその姿勢の正しさはますます明らかになっている。折しも、アメリカ帝國侵略軍航空機から沖縄に多数の落下物が何度も出てくる事態になり日本の人民の生命が脅かされているが、そのような事態にまるで実効的な対策を打てない一方で「拉致事件」云々の扇動を朝鮮共和国に向けて一方的に働くのでは、この「拉致」云々扇動が朝鮮共和国にとって悪質な政治目的とみなされても仕方ない。と同時に、朝鮮共和国にとって南朝鮮傀儡地域の米帝侵略軍に対する追放圧力としても重要な意味を持つことになる。
 日本帝國主義体制や南朝鮮傀儡体制にとってのバックにいるアメリカ帝國主義体制といえば、建国以来世界各地で自らの利益に見合わない体制を力や扇動で転覆させてきた歴史がある。そして、そんなアメリカ帝國主義社会は国内でも人種差別や銃器犯罪が根深い病弊として蔓延っていて治癒の見込みは全くない。客観的に捜査当局の犯罪と容易に立証できる銃殺・リンチ行為に対して陪審が無罪判決を平気で出すのもこの社会の根深い悪質文化であり、以前は黒人一般市民が被害にあった件が大半だったのに最近では白人被害者の件でさえも無罪判決が出るようになった。それもそのはず、ドナルド・トランプ逆徒がアメリカ帝國主義体制トップに就任し、徹底的な人種差別、排外扇動を平気で世界全体に発信しているからだ。もとより、近現代史の面からはアメリカ帝國主義体制社会的人権感覚が世界の標準として広まることを世界全体が期待してきた側面もあったのだが、その裏でのアメリカ帝國主義社会的人権感覚の本性、即ち、社会的格差拡大政策による差別と排外主義の徹底的積極扇動が今やドナルド・トランプ逆徒の出現により露骨に表れたというべきものだ。トランプ逆徒に限らず西側帝國主義社会全体に、本質的な差別、排外主義の本性があるということもますます明らかになっている。
 14日の南朝鮮傀儡地域での扇動に際しては、南朝鮮傀儡体制に拉致された拉致被害者の金蓮姫氏が発言し、朝鮮共和国への帰国を求める必死の訴えを起こした。金蓮姫氏は南朝鮮傀儡体制の人権侵害についてキンタナ逆徒に訴えたが、キンタナ逆徒はまるで誠実な回答をしなかった。これも一方的な人権基準をもって名指し扇動を働く悪質な目的以外の何物でもないことを如実に表している。当然のことながら日本帝國主義体制社会の人権侵害実態も徹底的に暴き出さねばならない。日本帝國主義体制支配勢力総翼賛・不正乱発による国家犯罪同然レベルの推進が働かれた刑事裁判政策としての人民拉致裁判制度(=裁判員制度)は、刑事裁判の鉄則である被告人の人権保障に真っ向から反する理念で導入された思想もあり、まさしく裁かれる被告人はこの極悪政策の最大の拉致被害者となるし、こんな裁判に加担する人間のクズこそが日本帝國主義侵略勢力と同化する拉致実行犯だ。この政策に限らず、最近の日本帝國主義社会では人民抹殺ボタン(=マイナンバー、共通番号)システムや日常会話ファッショ暴圧可能化法(=テロ等準備罪と称する共謀罪)など、世界の目から見ても明らかに人民弾圧目的の極悪政策が次から次にまかり通る現実さえあるのだ。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、2017年12月11~16日に働かれた帝國主義国際連合対朝鮮共和国人権問題でっち上げ扇動報告者トマス・オヘア・キンタナ逆徒による南朝鮮傀儡・日本帝國主義体制地域侵略行為を心から冷笑するとともに、世界の心ある人民に対しては南朝鮮傀儡・日本帝國主義体制社会に加えて米欧帝國主義社会など西側帝國主義社会全体の人権弾圧実態に目を光らせて良識ある世論喚起を促すよう声明を発表する。折しも、12月11~12日にかけて日本帝國主義社会にて「拉致事件」云々当事者の家族が相次いで逝去するという出来事もあったが、このような事態に至るまで長期化したのも、要は日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒の極悪政治扇動こそが最大の要因だったのは言うまでもない。日本国内からこんな扇動の本性を十分見据えた上で、安倍晋三逆徒率いる「拉致事件解決」云々扇動に対しては日本人の立場として徹底的に糾弾して鉄槌を下さねばならない。そして、真の意味での「拉致事件」が一体どこにあるのか?それを世界全体の共有知識として世論喚起をしていくべく、我々としても活動していく所存である。

 2017年12月16日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、12月17日の金正日総書記追悼の日に向けて今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号QNP2QR9N(日本語版)、AKGQ6ZZR(조선어 버전)で2017年12月17日(追悼当日)までです。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中