帝國主義侵略者のフェイク扇動に対して断固戦う

 アメリカ合衆国帝國主義体制侵略軍のヘリコプターが普天間第二小学校上空を飛行したとか?落下物乱発の悪質飛行物体については日本帝國主義体制政府も飛行中止を要求し、アメリカ帝國侵略軍側も「”最大限できる限り”飛行しない」などと回答したのですが、その”最大限できる限り”が意味を持たない言葉であることが露見した以外の何物でもありません。そして、そんな傲慢極まりない態度に何も言えないのが日本帝國主義体制政府の卑屈な態度です。こんな傲慢極まりない米帝侵略軍の態度を見るにつけ、沖縄側が取れる実効的な対策は、ヘリに届くロケットシステムを小学校校庭に配備していざとなれば撃墜も辞さない強硬姿勢以外にありません。沖縄解放闘争として沖縄側も強硬な態度をとるべき時期が来ているのではないでしょうか?

 さて、アメリカ帝國主義体制ドナルド・トランプ逆徒が昨年の報道についての「フェイクニュース大賞」を発表しました。トランプ逆徒政権にはロシア連邦との不透明な関係云々が取りざたされる情勢の中、このロシア疑惑問題に絡むものが多数を占めたのが特徴で全部で11の報道が選出されています。「フェイクニュース」問題は今やアメリカ帝國主義社会のみならず世界を揺るがす大問題にまで発展しています。ドナルド・トランプ逆徒としてアメリカ帝國主義メディアに圧力をかける目的であろうとみられますが、そんな露骨な圧力姿勢を日本帝國主義社会も笑えないのは日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒政権にも同様の思想が根深く存在するからで、実際日本帝國官房長官の菅義偉逆徒も苦虫を噛み潰すような歯切れの悪い態度を見せていました。
 しかし、よくよく考えてみれば、ドナルド・トランプ逆徒に限らずアメリカ帝國主義体制の存在そのものが「フェイクニュース」で世界を大きく揺るがしてきた歴史をもっています。何しろありもしない大量破壊兵器疑惑をでっち上げてイラク共和国に対して侵略戦争を仕掛けた事案だったり、それより前にもベトナム地域に対して謀略的事件を作り出してそれを契機に戦争を仕掛けた件など、アメリカ帝國主義体制が働いてきたフェイクニュース扇動は枚挙にいとまがありません。そして、そのフェイクニュース扇動の真摯な反省がないからこそ新たなフェイクニュース扇動で世界を不幸に陥れるのです。今回のドナルド・トランプ逆徒による大々的なフェイクニュース発表といっても所詮はアメリカ帝國主義社会内の問題であり、外国に向けて扇動を働いていない面においてはさほど大きく取り上げる必要もないとさえ言えます。
 「フェイクニュース」として明らかにされるものはそこまで恐れる必要がない一方で、真に恐ろしい「フェイクニュース」は、そのフェイク性を隠蔽して世間に流布されるものです。その意味で考えねばならないのがまさしく日本帝國主義体制犯罪的侵略勢力総翼賛推進の人民拉致裁判制度(裁判員制度)で、この政策の推進にあたってのフェイクニュース乱発は醜悪極まりないものでした。ところが、この推進にあたってのフェイク性は日本帝國主義メディア全体が完全隠蔽した経緯があり、まさにフェイクニュースが人民を誤った方向に誘導したというものです。本来フェイクニュースでなければならない事象が真実に偽装された際に起きてしまうのが、上記で例に挙げた対ベトナム、対イラク侵略戦争のような決定的破局です。権力や実力組織が働いたフェイクによって侵略された尊厳に対しては、相応の手段を講じて対決しなければ、これは権力の横暴を容認して卑屈にふるまうしかなくなってしまうのです。
 日本帝國主義体制犯罪的侵略勢力による総翼賛フェイク乱発で推進された人民拉致裁判制度についても、今回のドナルド・トランプ逆徒が表に出した「フェイクニュース」のように、どこかの国内勢力が表向きにフェイク性を発表することは期待できません。ですから、当然のようにこのフェイク政策の拉致被害者にとって相応の手段を講じなければ、日本帝國犯罪的侵略支配層の横暴に屈することになります。アメリカ帝國主義体制のフェイク横暴による戦争扇動に対して、ベトナムやイラクの人民は断固戦う道を選んで尊厳を護り抜きました。日本帝國主義社会もこのような態度を見習うべきものですが、人民拉致裁判制度に対するフェイク横暴に対しての対応も問われるというものです。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、冬季スポーツ世界大会を契機とした朝鮮半島北南統一実現に向けて「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号XKGKRR36(日本語版)、FMSKRAL5(조선어 버전)で2018年3月18日まで続けます(今回の表示番号は2018年1月21日まで)。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中