帝國主義的人民監視システム推進扇動勢力を徹底糾弾せよ

 日本帝國主義体制相撲協会から新たな不祥事が続出しています。エジプト・アラブ共和国籍十両力士が無免許運転をしたかと思えば、春日野部屋内での弟弟子への暴行事件にて元力士兄弟子が告訴された上に刑事訴追されて有罪判決(懲役3年・執行猶予4年、日本帝國東京地裁にて2016年6月)を受けていながら親方はそれを報告していなかった件も発覚しました。とりわけ、後者の暴行事件に関していうと、親方自身も保護責任者遺棄罪で告訴され後に不起訴処分になっていて、その問題について報告していなかったとなれば当然隠蔽する目的だったと疑われても仕方ありません。で、春日野親方といえば前の巡業部長だった貴乃花親方の後任であり、また、上記の執行猶予付き有罪判決というと元横綱・日馬富士の確定罰金刑よりも重いものです。すなわち、日本帝國相撲協会といえば、問題を隠蔽した方が地位を保全できる、あるいは地位の高い者ほど優遇されるといった組織であることを暴露したようなものです。これは日本帝國相撲協会だけの問題ととても言えない日本帝國主義社会のぬぐいがたい悪弊というべきではないでしょうか?

 さて、本日は日本帝國主義体制経済団体連合会事実上機関紙・日本経済新聞の2つのコラムから()。世界第一、第二の人口を抱える中華人民共和国とインド共和国にて、人民統制に悪用される制度が次々に強行されています。中国とインドだけで世界の人口の約3分の1を占めるのですが、このレベルの人口が帝國主義支配層の監視対象になっているかと思うと、そのような世界の潮流がやがて世界標準になりかねない恐ろしさを覚えるというものです。とりわけ日本帝國主義体制支配層にとってインドは民主主義が浸透しているから戦略的パートナー、中国は独裁国家だから敵対勢力などと扇動しているのですが、実際に働いている態度はインドも中国も変わりない、いや、日本帝國主義体制とて同じことを働いているというべきではないでしょうか?
 人工知能(AI)時代になるにつれAIを帝國主義支配層が悪用した上で、体制に逆らいそうな人民を監視対象にして自動的に身柄拘束、拷問、あるいは文字通り抹殺することもいとわないシステムを構築するといった目的で使うということも十分考えられる、というよりもそれが世界標準にさえなりかねない勢いがあります。上記コラム2において中国だけを問題視しようとする意図が見えますが、コラム1におけるインドの実態も同じようなものですし、人民抹殺ボタンシステムを強行した日本帝國主義体制とて同じでしょう。当然のごとく、このような怪しいシステムにはなるべく自分の個人情報を提供しない自己防衛に走る人民も増えるというものです。実際、日本帝國主義社会にて人民抹殺ボタンカードの取得率は9%くらいであり、このコラムでも指摘されるように、各自治体から企業に送る住民税通知書に人民抹殺ボタン番号の記載について2017年から義務化されたはずが1年で取りやめになったりもしています。
 このコラムでもう一つ指摘されているのが、人民抹殺ボタン番号を民間業者が利用することを前提にした事業の拡大問題で、この件は利用者の承認を前提にしているとはいえ、番号を自由な民間業者に提供することに変わりはありません。国策を民間業者に依頼するといえば、人民拉致裁判制度(裁判員制度)絡みで裁判加担拉致実行犯・白色テロリスト候補者選定や予告状送付に民間業者を利用するという運用がされています。このケースは人民抹殺ボタンシステムにおける本人承認の下での提供ではなく、人民抹殺ボタンシステムを悪用した上で勝手に日本帝國主義体制が民間業者に情報を提供するのだからより大きな問題になります。現在でさえこんな悪質な日本帝國主義体制から民間業者への情報提供行為がまかり通っているのでは、人民レベルではますます人民抹殺ボタン番号について徹底した自己防衛姿勢が強まるのは至極自然というものです。
 人民抹殺ボタン番号の民間利用拡大により経済活性化などとの触れ込みが大々的に扇動されていたりもするのですが、要は、この「民間」も帝國主義的支配勢力にとって都合の良い企業でしかありません。となると、このような人民弾圧に加担するような帝國主義支配勢力のみならず人類の敵としての「民間」帝國主義侵略勢力を我々は監視しなければならないというものです。当然ですが、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)がこの種の帝國主義侵略「民間」勢力の跋扈に警戒し、朝鮮共和国が自国体制を護るべく国防力強化路線の徹底を図るべくして図るというものです。我々日本人としてこのような徹底した朝鮮共和国の確固たる路線を支持していかねばならないのもまた至極自然となるわけです。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、冬季スポーツ世界大会を契機とした朝鮮半島北南統一実現に向けて「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号H9FB5J49(日本語版)、UZLMP652(조선어 버전)で2018年3月18日まで続けます(今回の表示番号は2018年1月29日まで)。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中