日本帝國主義的卑屈根性の本質的反人権性

 昨日ですが、日本帝國主義体制大阪地裁本庁での1歳児遺棄致死事件の人民拉致裁判(裁判員裁判)判決公判にて、6年半の判決を受けた拉致・白色テロ被害者男性が中指を立てるポーズを取って退廷させられるという出来事がありました。最近、人民拉致裁判にかけられた拉致・白色テロ被害者による裁判に対する不信を形に表す行動として出すケースが多くなっているのも、やはりこのシステム自体が裁かれる当事者に対する人権弾圧としての本性があるからに他なりません。しかも、このシステムの推進にあたって日本帝國最高裁が不正行為を働いた経緯があることからしても、法的手続に則った人権回復が不可能である以上、法廷の存立そのものを認めないという行動に打って出る動機も当然起こります。上記記事では日本帝國大阪地検本庁検察官に向けてのポーズだと記載されていますが、当然ですが、判決と称するごみくず以下の妄言を吐いた裁判加担拉致・白色テロ実行犯に対してもこのような中指立ての本心が向けられても致し方ないというものです。

 さて、アメリカ合衆国帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒が日本帝國主義体制をはじめ、南朝鮮傀儡(大韓民国)体制や中華人民共和国といった東アジア諸国、ひいてはカナダやメキシコ合衆国という隣国に対してまで報復関税をかけるなどとの傲慢な妄言を吐きました。これは、アメリカ帝國主義社会国内の州知事や地方政府代表者との会合で働かれたもので、多額の貿易赤字を抱えているとの観点から貿易不均衡を理由にしての発言ですが、その中で自国雇用を奪っているとの見方についてトランプ逆徒は「殺人を犯して逃げている」などとのとんでもない特大型挑発発言までしています。安全保障上の同盟国だろうとも貿易上では同盟国ではないといった発言までするに至っては、ますます世界の厳しい目がアメリカ帝國主義体制に注がれるのは当然です。と同時に、核軍縮にも極めて消極的な発言も働いたのだから、ますます世界はアメリカ帝國主義体制の本性を眉唾もので見ることでしょう。
 問題はこんな「殺人者」呼ばわりされた日本帝國主義体制がアメリカ帝國主義体制に対して相応の抗議をするどころか、黙殺して容認するという卑屈で堕落した態度を平気で働いていることです。折しも、日本帝國主義体制産経新聞が沖縄のメディアをフェイクニュースで攻撃したことがとんでもない批判を浴びた時期です。このフェイクニュースというとアメリカ帝國侵略軍兵士が交通事故に遭いながら日本人沖縄県民を救助したという虚偽のニュースで、その経緯は、日本帝國産経新聞は伝聞を論拠に記事にした一方、沖縄のメディアはアメリカ帝國侵略軍側に事実関係を確かめて真実であるとは認められないとの判断から記事にしなかったものです。しかも、日本帝國産経新聞は沖縄のメディアに対してフェイクニュースを論拠にして「記事にしないのは日本の恥」などととんでもない扇動攻撃報道をしたのだから、これほどアメリカ帝國主義体制に対して媚びる卑屈な態度はないというものです。一部の扇動メディアとはいえ、アメリカ帝國主義体制に媚びる目的の世論扇動のためならばフェイクニュースを論拠にするのみならずアメリカ帝國主義体制に媚びない善良な勢力を攻撃することも平気でできる日本帝國主義社会であればこそ、アメリカ帝國主義体制に対して正当な批判をするなどという当然の行動に対してさえもとんでもない攻撃的糾弾の対象にされるという異常な事態になるのです。
 アメリカ帝國主義的な、対社会的弱者侮辱扇動に社会的強者の立場から一般市民を協力させるべく巻き込むというとんでもない非人道的社会は今や世界的糾弾の矢面に立たされる情勢です。問題は、ヘイトスピーチのような露骨な社会的弱者侮辱扇動であればともかく、表向き見えにくい社会的弱者侮辱扇動に知らず知らずの間に善良な人民が巻き込まれることです。日本帝國主義社会の人民拉致裁判制度(裁判員制度)における総翼賛扇動もまさしく社会的弱者侮辱扇動の本性を隠し持っているのですが、目的のためならば不正行為を乱発してまで支配層総翼賛扇動といった経緯について、人民レベルで知らない間にこんな扇動に社会的強者の論理で協力を強いられるという異常事態になっています。このような理不尽極まりない社会的弱者侮辱扇動に対して相応の抗議をすることこそが真の意味で人権に見合った行動になるのですが、日本帝國主義社会では当然の抗議活動が非難を浴びるならばまだマシ、完全黙殺されるという最大級の侮辱を受けるレベルに至っています。そして、本来弱者蹂躙行為だとして非難の矢面に立たされるべき、人民拉致裁判加担拉致・白色テロ実行行為が日本帝國主義社会において全面的に称賛されるという異常事態がまかり通っているのです。見下すような態度で侮辱する反人間的支配層に対する当然の批判・抗議活動をせずに黙認し、逆に保護すべき社会的弱者をますます苦境に追い詰めるとんでもない扇動に加担することほど、世界的見地から批判の矢面に立たされるべき醜悪態度はありません。
 こんな日米帝國主義体制の傲慢かつ醜悪な態度や、日本帝國主義社会の対アメリカ帝國主義体制卑屈追従態度を見るにつけ、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が相応の徹底抗戦を敷くのは当然です。我々日本人も朝鮮共和国の尊厳高い徹底抗戦姿勢の爪の垢を煎じて飲むくらいに尊敬すべきというものです。今や朝鮮半島北南体制同士の和解ムードは最高潮に達している一方で、それを妨害しようとしているのが一体誰かがよくわかる世界情勢になってきました。そんな情勢の中で、我々日本人が世界最悪の侵略勢力アメリカ帝國主義体制側に媚びるように卑屈に追従して堕落するのか、それとも世界の大勢が支持するように朝鮮半島北南和解に協力すべく人権に見合った方向に断固進むのか、良識が問われるとなるわけです。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、冬季スポーツ世界大会を契機とした朝鮮半島北南統一実現に向けて「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号7YYMK3XN(日本語版)、UFEBH2PP(조선어 버전)で2018年3月18日まで続けます(今回の表示番号は2018年2月14日まで)。また、2月16日の光明星節に向けて「金正日同志万歳!!」「김정일동지만세!!」と印刷したA3ポスターも制作いたしました。2月16日まで日本語版及び조선어 버전、または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号NQKDLU7M(日本語版)、5F6TTS83(조선어 버전)で印刷できます。

広告
カテゴリー: 裁判員制度徹底糾弾 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中